ホーム > 事務局からのお知らせ

機関誌「起風」について

公益財団法人官休庵事務局では、武者小路千家に伝わる茶道を保存、育成して、その普及に努め、我が国文化の向上に貢献する事を目的に、流儀機関誌「起風」を季刊として年4回発行しております。
著名な先生方により執筆された茶の湯に関する多彩な内容と、流儀の点前編、また行事の案内や報告等が掲載されています。

起風

  • 新春号
    1月15日頃発行予定
  • 春季号
    4月15日頃発行予定
  • 夏季号
    7月15日頃発行予定
  • 秋季号
    10月15日頃発行予定

装丁 A5版 100頁(内本文80頁)

準賛助会員について 寄附金の免税措置について
機関誌「起風」点前編の紹介

バックナンバーをご入用の際は、事務局までお問い合わせください。

【在庫】 ○ … 有り / △ … 残りわずか / × … 無し

号数 平成 テーマ 在庫
創刊号 7年 矢筈棚の薄茶点前(水屋編) ×
2号 澤瀉棚の薄茶点前 ×
3号 平水指の薄茶点前―割り蓋、蝶番付― ×
4号 運び点前 ×
5号 8年 紹鴎袋棚の薄茶点前 ×
6号 風炉の薄茶運び点前 ×
7号 長板二つ置薄茶点前 ×
8号 風炉の薄茶運び点前(後半) ×
9号 9年 宗旦好丸卓の薄茶点前 ×
10号 女性の点前の特徴と旅箪笥の扱い方 ×
11号 長板二つ置の薄茶点前(女性編) ×
12号 半板中置の薄茶点前(女性編) ×
13号 10年 萬寿棚の薄茶点前(女性編) ×
14号 割り稽古(帛紗、茶杓、茶筅、茶巾の扱い) ×
15号 割り稽古(立ち回り、建具、柄杓蓋置の扱い) ×
16号 割り稽古(茶碗、茶巾、四方さばき)
17号 11年 炉濃茶点前(運び・男子)(前半)
18号 炉濃茶点前(運び・男子)(後半) ×
19号 風炉濃茶点前(男子)
20号 炉濃茶点前(女子) ×
21号 12年 略盆点前
22号 風炉薄茶点前(運び・女子) ×
23号 自在棚薄茶点前(女子) ×
24号 中置濃茶点前(女子) ×
25号 13年 お菓子の取り方
26号 濃茶のいただき方 ×
27号 長板二つ置き濃茶点前(女子)
28号 長板での中置薄茶点前(女子) ×
29号 14年 青漆爪紅及台子薄茶点前
30号 嶺雲棚の風炉薄茶点前 ×
31号 風炉 非勝手薄茶運び点前(男子) ×
32号 風炉 非勝手薄茶運び点前(女子・前半部分)
33号 15年 向切薄茶点前
34号 自在棚の炉濃茶点前
35号 立礼点前
36号 小棚を用いた炉炭点前
37号 16年 梅棚(愈好斎好)炉薄茶点前
38号 蛤棚炉薄茶点前
39号 風炉運び続き薄
40号 ----------------------------
41号 17年 利休袋棚の炉薄茶点前 ×
42号 直斎好小袋棚の炉薄茶点前
43号 炭・香合拝見(風炉の場合) ×
44号 宗旦好丸卓の炉薄茶総飾り点前
45号 18年 炭・香合拝見(炉の場合) ×
46号 烏帽子棚の風炉薄茶点前(割り稽古・烏帽子折り) ×
47号 利休葭棚の風炉薄茶点前(前半)
48号 利休葭棚の風炉薄茶点前(後半)
49号 19年 長板皆具飾りの炉薄茶点前
50号 長板皆具飾りの風炉薄茶点前
51号 名水点(風炉の場合)
52号 四方水指棚の炉濃茶点前
53号 20年 手桶水指の炉薄茶点前
54号 釣釜を使った炭点前
55号 唐銅釣瓶水指の風炉濃茶点前
56号 起風棚の炉薄茶点前
号数 平成 テーマ 在庫
57号 21年 筒茶碗を使った炉薄茶運び点前
58号 透木釜を使った炭点前
59号 割り稽古 薄茶器の扱い
60号 中置の炭点前 ×
61号 22年 向切濃茶点前
62号 棚物を用いた炉続き薄
63号 絞り茶巾の風炉薄茶点前
64号 竹台子を使った中置薄茶点前
65号 23年 向切の炭点前
66号 蛤棚炉濃茶点前
67号 朝茶の炭点前
68号 つぼつぼ棚の炉濃茶点前
69号 24年 掛物の扱い
70号 旅箪笥の炉濃茶点前 ×
71号 棚物を用いた風炉炭点前
72号 一啜斎好梅棚の炉濃茶点前
73号 25年 台子、炉、男子の利休形炭台の炭点前
74号 風炉、女子の後炭点前
75号 風炉、女子の葉蓋薄茶点前
76号 壺飾り
77号 26年 台子、炉、女子の利休形炭台の炭点前
78号 清音棚、炉、女子の薄茶点前
79号 自在棚、女子、風炉濃茶点前
80号 廻り花
81号 27年 高麗卓、女子の濃茶点前
82号 旅箪笥、女子の薄茶点前 ×
83号 天遊卓、女子の風炉薄茶点前
84号 花寄せ
85号 28年 矢筈棚、女子の濃茶点前 ×
86号 起風棚、女子の風炉薄茶点前
87号 梅棚(一啜斎好)、女子の風炉薄茶点前
88号 高麗卓、女子の薄茶点前
89号 29年 末広棚、女子の濃茶点前 ×
90号 自在棚、炉、女子の炭点前
91号 天遊卓、女子の風炉濃茶点前
92号 宗旦好丸卓、女子の風炉濃茶点前
93号 30年 萬寿棚、女子、炉の濃茶点前
94号 末広棚、女子、炉の薄茶点前
95号 露地から席入りまでー小間の場合
96号 広間の席入りと広間、小間での床、道具の拝見
97号 31年 天遊卓、女子、炉の向切濃茶点前
機関誌「起風」官休庵まめ知識の紹介

バックナンバーをご入用の際は、事務局までお問い合わせください。

【在庫】 ○ … 有り / △ … 残りわずか / × … 無し

号数 平成 タイトル 在庫
41号 17年 17年 独楽紋のこと ×
42号 歴代茶杓のこと
43号 帛紗のこと ×
44号 唐紙(からかみ)のこと
45号 18年 綰柳(わんりゅう)のこと ×
46号 茶巾のこと ×
47号 露地の植栽のこと
48号 黒文字のこと
49号 19年 七種の蓋置のこと
50号 釣釜のこと
51号 煙草盆のこと
52号 斎号のこと
53号 20年 灯具のこと(室内編)
54号 懐石道具のこと
55号 灰のこと
56号 箱のこと
57号 21年 香合のこと
58号 扇子のこと
59号 薄茶器のこと
60号 中置のこと ×
号数 平成 タイトル 在庫
61号 22年 水指と千鳥板
62号 置花入の飾り方
63号 蹲踞のこと
64号 炉の準備のこと
65号 23年 点前と身体
66号 箱炭斗のこと
67号 朝茶事のこと
68号 扁額のこと(京都編)
69号 24年 扁額のこと(東京編)
70号 旅箪笥のこと ×
71号 道具炭のこと
72号 台目のこと
73号 25年 神折敷と炭台のこと
74号 懐紙のこと
75号 建水のこと
76号 茶壺のこと
機関誌「起風」のお問い合わせは、事務局までご連絡ください。

主な行事案内

稽古始

<2019年>

行事 日程
京都初釜 1月11日(金)~14日(月・祝)
東京初釜 1月19日(土)~20日(日)
神社仏閣等における献茶及び奉賛茶会

<2019年>

行事 都道府県 日程
御香宮献茶式京都府4月6日(土)
知恩院献茶式京都府4月25日(木)
春日大社献茶式奈良県5月10日(金)
下鴨神社献茶式京都府5月25日(土)
白山比咩神社石川県6月15日(土)
生田神社献茶式兵庫県9月22日(日)
水無瀬神宮献茶式大阪府11月13日(水)
大徳寺献茶式京都府11月22日(金)

一般の方もご参列頂けます。献茶券が出来上がり次第、トップページ「新着情報」にてご案内いたします。

利休忌

<2019年>

行事 都道府県 日程
於 京都大徳寺聚光院 京都府 3月28日(木)・6月28日(金)・9月28日(土)・12月14日(土)
茶会 ・ 講習会 ・ 研究会

<2019年>

行事 都道府県 日程
珠光茶会(元興寺)奈良県2月8日(金)
上京茶会(北野天満宮)京都府4月27日(土)
二条城大茶会(二条城)京都府5月19日(日)
香川官休会研究会香川県9月8日(日)
大阪官休会研究会京都府7月13日(土)・12月14日(土)
東京官休会研究会東京都7月19日(金)・12月21日(土)

行事ご報告

賀茂御祖神社(下鴨神社)献茶式(京都府):令和元年5月25日(土)

午前10時より、舞殿にて献茶式が執り行われました。
不徹斎宗匠が炭点前をされ、続いて隨縁斎若宗匠が茶を献じられました。
水屋は高畠守徹先生がつとめられました。

炭点前をされる不徹斎宗匠

炭点前をされる不徹斎宗匠

献茶奉仕される隨縁斎若宗匠

献茶奉仕される隨縁斎若宗匠

拝服席は嶺雲会が担当しました。副席は下鴨茶寮に設けられ、卜深庵木津宗詮先生が担当されました。

拝服席(参集殿にて)

拝服席(参集殿にて)

濃茶席(下鴨茶寮にて)

濃茶席(下鴨茶寮にて)

この献茶祭は上賀茂神社と同社で行われる「鴨の神」の祭礼である葵祭が無事に斎行されたことを神前に報告するものです。

同社の御神紋ともなっている境内の双葉葵

同社の御神紋ともなっている境内の双葉葵

当日は5月とは思えぬ程の真夏日となり、汗ばむ陽気の中御参会の方々は美味しい御茶を楽しまれました。

春日大社献茶式(奈良県):令和元年5月10日(金)

春日大社本殿前の舞殿にて不徹斎宗匠、隨縁斎若宗匠のご奉仕により献茶式が執り行われました。
まず、隨縁斎若宗匠が炭をあらため、神官より授かった雲井水を釜に満たされました。続いて不徹斎宗匠がこのご神水にて濃茶・薄茶の二碗を点て、神前に献じられました。水屋は佐伯宗江先生がつとめられました。
献茶終了後は貴賓館に拝服席が設けられました。

炭点前を前に神官よりご神水を授かる隨縁斎若宗匠

炭点前を前に神官よりご神水を授かる隨縁斎若宗匠

献茶奉仕される不徹斎宗匠

献茶奉仕される不徹斎宗匠

濃茶席は桂昌殿に設けられ、佐伯宗江先生が担当されました。

副席(桂昌殿にて)

副席(桂昌殿にて)

薄茶席は感謝共生の館に設けられ、奈良官休会が担当しました。

副席(感謝共生の館にて)

副席(感謝共生の館にて)

古都奈良とあって観光客や修学旅行生が行き交い、境内では時折鹿の姿も見受けられるなど終始和やかな空気に包まれていました。

知恩院献茶式(京都府):平成31年4月25日(木)

知恩院にて献茶式が執り行われました。
午前10時より法然上人御堂にて、隨縁斎若宗匠が献茶奉仕されました。水屋は木津宗詮先生がつとめられました。
献茶終了後は和順ホールに拝服席が設けられました。

献茶式(法然上人御堂にて)

献茶式(法然上人御堂にて)

濃茶席は白寿庵に設けられ、赤羽根守一先生が担当されました。

副席(白寿庵にて)

副席(白寿庵にて)

薄茶席は華麓庵に設けられ、佐伯宗徳先生が担当されました。

副席(華麓庵にて)

副席(華麓庵にて)

生憎昼過ぎには茶席を一時中断する程の大雨に降られましたが、皆様のお力もあり無事盛会裏に終えること叶いました。

御香宮献茶式(京都府):平成31年4月6日(土)

御香宮神社にて、献茶式が執り行われました。
午前10時に本殿にて不徹斎宗匠が茶を献じられ、水屋は佐伯宗徳先生がつとめられました。
献茶終了後は九社殿に拝服席が設けられました。

献茶式(本殿にて)

献茶式(本殿にて)

拝服席 木庵和尚揮毫

拝服席 木庵和尚揮毫

濃茶席は九香軒に設けられ、芳野宗春先生が担当されました。

副席(九香軒にて)

副席(九香軒にて)

薄茶席は貴賓館に設けられ、小林徹信先生が担当されました。

副席(貴賓館にて)

副席(貴賓館にて)

満開の桜に鶯のさえずりが響く春爛漫の空気の中、境内は終始賑わっておりました。

支部便り

ただいま準備中のため、もうしばらくお待ちください。
このページの先頭へ